HOME > 埼玉県予防接種センターだより(No 2020-09)

埼玉県予防接種センターだより (No 2020-09)

◎予防接種情報◎

◆ 肺炎球菌ワクチン(販売名:ニューモバックスNP)の供給見通しについて

高齢者の肺炎球菌感染症の定期の予防接種に用いられる肺炎球菌ワクチン(販 売名:ニューモバックスNP)の供給見通しについて、下記のとおりお知らせします。

製造販売業者であるMSD株式会社によると、新型コロナウイルス感染症(COVID19)流行の影響によるものと想定される肺炎予防に対する意識の高まりを受け、 ニューモバックスNPの需要が昨年度を上回る量で推移しているとのことです。

令和2年度は、昨年度をやや上回る供給が見込まれていますが、発注量が供給量を 上回る場合には、出荷量の調整が行われるとのことです。

現在、予防接種法(昭和23年法律第68号)に基づく、高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種には、ニューモバックスNPのみが使用されています。

また、ニューモ バックスNPは、「2歳以上の脾摘患者における肺炎球菌による感染症の発症予防」 の目的で使用した場合、保険給付の対象とされています。

◆ 季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い

2020/21シーズン向けのインフルエンザワクチンは、4価ワクチンに変更された平成27年以降で最大の約3,178万本(最大約6,300万人分)を確保できる見込みですが、新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、インフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。

より必要とされている方に確実に届くよう、定期接種対象者の方(65歳以上の方など)は、10月1日以降早めに接種いただき、それ以外の方は10月26日までお待ちいただくなど、接種の時期についてのご協力をお願いします。
・季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い

また、関係者の皆様には、ワクチンの効率的な使用や安定供給に一層のご協力をお願いいたします。
・ワクチンの供給状況について

◆ 10/1からの予防接種の制度の改定についてのご連絡です。

1.10月1日からロタウイルスワクチンが定期接種化されます。
  (Q&A:厚生労働省)

2.10月1日からワクチンの接種間隔の制度が変更されます。

3.10月1日から予防接種後副反応疑い報告で、ADEM、GBSと報告した場合は、調査票への入力が必要となります。

4.予防接種後健康状況調査の往復ハガキに近接接種の欄が設けられました

5.HPVワクチンに関するリーフレットの改定案が提示されました。

◎感染症情報◎

◯国内の感染症発生状況

◆ 季節性インフルエンザ(2019/2020シーズン)の発生状況について

昨シーズンのインフルエンザの流行開始時期は、11月下旬(前シーズン同様、早い開始)で、流行のピーク時期は、12月下旬から1月上旬(過去2シーズンより早いピーク)でした。ピークの高さは過去2年と比較して低く推移しました。(累計受診者数(推計)は、約729.8万人(前シーズンは約1170.4万人))

また、病原体のシーズン全体に占める割合は、A/H1pdm09亜型が86%、B型が12%、A/H3亜型が2%の順でした。

入院患者数(約1.3万人)は、過去2シーズン(約2万人)と比較して大きく減少しましたが、15~59歳ではICU利用と人工呼吸器使用の数と割合が過去2シーズンより高い傾向でした。

詳しくはこちらをご覧ください。

◎感染症情報◎

◯海外の感染症発生状況

◆ コンゴ民主共和国でエボラ出血熱が発生しています。

厚生労働省では、検疫や国内での対応強化のため注意喚起を行っています。エボラ出血熱の流行地域であるコンゴ民主共和国(特に赤道州)から帰国された方は、検疫官に申告するようにしてください。

2020年6月1日(現地時間)、世界保健機関(WHO)及びコンゴ民主共和国保健省は、同国北西部の赤道州において、新たにエボラ出血熱が発生したことを発表しました。2020年9月26日までに、赤道州において、50名の死亡例を含む、124例の患者(確定118例、疑い6例)が報告されています。

2020年6月9日、WHOは、今回の患者発生と北キブ州等で継続中の患者発生との間に関連性が認められないことを発表しました。


以上の情報は厚労省の感染症エクスプレスなどを参考にしています。

行政・法律の問い合わせ先
☆~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1
  埼玉県保健医療部疾病対策課
  感染症・新型インフルエンザ対策担当
  TEL: 048-830-3572 ,3557 FAX: 048-830-4809

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~・

文責・市町村予防接種担当者・医療機関向け医療保健相談
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
埼玉県さいたま市岩槻区馬込2100 埼玉県立小児医療センター内
 埼玉県予防接種センター長  川野 豊(予防接種医療相談)
 TEL:048‐601-2200  FAX:048‐601-2201

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



お問い合わせ