HOME > MRワクチン

MRワクチン

定期接種 生ワクチン

MRの「M」は麻疹(はしか)、「R」は風疹(ふうしん)の頭文字をとって、MRワクチンと名前がついています。

接種回数は2回。生後1歳~2歳未満に1回接種、小学校入学前1年間に1回接種します。

接種後1週間くらいで熱がでる子どもが5~20%いますが、普通は1,2日でおさまります。

麻疹、風疹は感染力がとても強く、危険な病気なので1歳の誕生日を迎えたらすぐに接種することをお勧めいたします。
(欧米ではおたふくも含めた、MMRワクチン(麻疹・おたふく・風疹)が主流で接種されています。)


このワクチンで予防する病気
ワクチン博士

麻疹 (はしか)

麻疹ウィルスの空気感染によっておこる感染症です。

伝染力がとても強く、ワクチンを受けていなければ一生のうちに一度は必ずかかる重い感染症です。

麻疹の症状は、39~40℃の高い熱と発疹が出てきます。

麻疹にかかってしまった時に、特に注意しなければいけないのが「合併症」といい、複数の病気になってしまうことです。

「肺炎」、「中耳炎」、「脳炎」などの合併症を併発すると、死亡することもあります。

風疹 (ふうしん)

風疹ウィルスの飛沫感染によっておこる病気です。

軽いカゼのような症状ではじまり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状として現れます。現在の日本では大きな流行は見られません。

発疹や発熱は3日間でなおりますので「三日はしか」とも呼ばれていました。

妊婦が妊娠早期にかかりますと、先天性風疹症候群と呼ばれる心奇形、白内障、聴力障害などを持った子どもが生まれる可能性が非常に高くなります。

お問い合わせ