HOME > 小児用肺炎球菌ワクチン13価

小児用肺炎球菌ワクチン13価

定期接種 不活化ワクチン

肺炎球菌による細菌性髄膜炎や肺炎などを予防するワクチンです。

生後2カ月から接種できます。標準的なスケジュール(生後2カ月~6カ月)は、4週間隔で3回、生後12カ月~15カ月(3回目から60日以上)に4回目の接種をします。

初回接種の月齢・年齢

接種回数

接種スケジュール

生後2カ月~6カ月

4回

初回:2歳までに4週間以上の間隔で3回
追加:1歳以降(生後12カ月~15カ月)に、3回目終了後60日以上間隔をおいて1回

生後7カ月~生後12カ月未満

3回

初回:2歳までに4週間以上の間隔で2回
追加:1歳以降に2回目から60日以上間隔をおいて1回

1歳~2歳未満

2回

60日以上の間隔で2回

2歳~5歳未満

1回

 

肺炎球菌感染症もヒブ感染症同様、病気が重いだけでなく、早期診断が難しいので、生後2カ月になったらすぐに接種したほうが良いです。日本でも2011年に自治体での公費助成で接種可能になり、2013年4月から定期接種となりました。このことから肺炎球菌感染症は2013年の減少率は50~60%になりました。また7価から13価へと変更されたことにより、さらに効果が期待できるワクチンです。


小児用肺炎球菌(13価)補助的追加接種

任意接種 不活化ワクチン

2013年10月までに肺炎球菌ワクチンの接種を終えた、現在6歳未満のお子さんは、新しい小児用肺炎球菌ワクチン(13価)を接種すれば、従来のワクチン(7価)に加えて、新たに6つの型に対する免疫もできるので予防範囲が広がります。

自治体によっては公費助成をおこなっていることもありますので、各自治体に問い合わせをしてみてください。

 


このワクチンで予防する病気
ワクチン博士

小児用肺炎球菌感染症

肺炎球菌はのどなどから体に入ります。子どもの肺炎球菌感染症は、大人の肺炎球菌感染症とは病状が少し異なるので、小児の肺炎球菌感染症として、 特別に分けて考えるのが実用的です。

大人の場合だと「肺炎」になることが多いのですが、子ども、特に2歳以下では、脳を包む膜にこの菌がつく細菌性髄膜炎 (さいきんせいずいまくえん)が多くみられます。

この菌による髄膜炎は、年間200人くらい発生しています。

この他、重い中耳炎や肺炎、菌血症や敗血症も起こします。この事実を踏まえ、ワクチン先進国の欧米では 2000年頃から子どもにも有効な「小児用肺炎球菌ワクチン」が使用されて、かかる子どもが激減しています。

細菌性髄膜炎の早期診断は難しく、症状としては「けいれん」や「意識障害」が現れます。診断がついても、抗菌薬が効かない耐性菌が多く、治療は困難です。

ヒブ髄膜炎に比べて、死亡と後遺症の比率が少し高くなります。亡くなる方が10%前後、後遺症が残ってしまう率は30~40%くらいです。

髄膜炎による後遺症として、発達・知能・運動障害などの他、難聴(聴力障害)が起こることがあります。肺炎を起こした場合も、 ウィルス性肺炎と異なり、極めて重症です。中耳炎の場合でも、耐性菌が多いので、重症で治りにくくなります。

お問い合わせ